短期決戦型 超弩級にゃんこの日記

ながぁ~く愛されるブログをめざします!

<農業>モモ福島19号

怪獣8号ではなく人造人間でもない、モモ福島19号が福島県の果樹研究所から発表されたとです。今後、品種登録を目指すとのこと。

 

https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/629377.pdf

 

収穫時期は桃の王様「あかつき」の後で、その「あかつき」から選抜された「まどか」と同じ頃だそうです。で、「まどか」と比較して優位性があるのは大きさと糖度ですね。桃の糖度は12度もあれば十分に甘く、極早生の「はつひめ」で12度台、早生の「暁星(ぎょうせい)」で13度台で十二分に美味しいのですが、なんとモモ福島19号は17度を期待できるようです。

「はつひめ」同様に県が開発した品種であれば、変形果少なく着色や玉揃いもよいと思われますので、生産農家にも優しく嬉しい品種になると思われます。楽しみです。

 

 

当園の黄桃種第1号である「友黄(ともき)」ですが、除袋して、肥大不良果や変形果を摘果しました。ここ数日降雨が続いているので、残された玉の肥大化も良好で、収穫がとても楽しみです。

 

まだレモン色、山吹色がちらほらしてきたら美味しい

 

一週間前から1~2玉もぎって食べ続けているのですが、酸味がなくなった個体に当り始めてきたので、自分が食べつくす前に収穫&出荷しはじめようかなと考えています。

 

 

桃の香りと食、大切な誰かと楽しんでみませんか?

 

 

<農業>僕と田んぼとがたちゃりと

今日はお昼ちょっと前から、ザーザー音がするぐらいの大雨だったので、桃畑での作業を諦め田んぼに出かけました。一人ぼっちのガタリンピックのためです。

 

New!がたちゃり

 

昨年も一位だったのですが、さすがにこのどしゃ降りの中、参加している人もおらず、見渡す限り優勝でした。オラが村の田んぼは、基本的に長辺が100メートルなんですが、私が耕す田んぼはMAX140メートルの長さもありますから負ける気がしません。

 

しかも今年のがたちゃりは一味違っていて、なんとハンドルで進行方向を調整できるんですね。昨年までのがたちゃりは直進しかできなかったので、ほんのわずかな進路変更でも、気合と根性と普段使用していない筋肉を全力で使う必要があったのですが、このNew!がたちゃりは指先一本で方向転換できるので心と体に優しいです。

 

がっ!稲作にはロマンとローンしかないので懐には厳しいですっ!

 

<農業>7月4日の友黄

2024年は、昨年より暖かいというか暑いようで、桃の生育がちょっと狂っているようです。どうも着色が緩いのに軟化は進んでいるようで、取り遅れの傾向が強いだとか。JAさんも「取り遅れるな」って発破を掛けているようですが、長年の勘(着色と収穫時期のタイミング)はなかなか緩むことはないようです。

 

さて、はなよめ以降、はつひめ、夏雄美、暁星と立て続けに収穫が始まり、盆と正月と七夕と節分とひなまつりと七五三がいっぺんに来たような賑わいを見せているワシのお仕事であり、根っからの怠けん坊であるワシはわずか2箱のはつひめを除いて出品できていないのですが、昨年は7月13日に初収穫した友黄さまは順調に育っているようです。よきかな、よきかな。

 

まいにち、にぎにぎ

 

1本の木の数個の玉を除袋(じょたい)して、着色およびサイズとにらめっこしながら最後に触れて硬さを確認しています。まだガチガチなんですが、少しでもゆるーくなると輸送中の事故になりますので、毎日が真剣勝負ですね(キリッ)。

 

 

あっ、田んぼに草が侵入してるし、中干し(なかぼし)のシーズンでもあるので、がたちゃり(溝切機)に跨って、一人ガタリンピックを開催しなきゃいけない時期なんですね。ガタリンピックについては、ゾンビランドサガ、エピソード5でご学習ください。

 

 

ゾンビランドサガのオープニングテーマ曲を置いておきますね。ゾンビとアイドルが融合した、ノリと勢いが素晴らしい、佐賀県をディスリつつも高度に愛するアニメに仕上がっていると思いますので、興味のある方もそうでない方も一度はご視聴くださいませ。