短期決戦型 超弩級だてもの日記

ながぁ~く愛されるブログをめざします!

<農業>フィボナッチ数列と黄金比

中心から外側に向かって、曲線を描くように管状花が並んでいるのですが、右回りにも見えるし、左回りにも見えるし、自然が作り出す幾何学模様ってほんと不思議ですよね。ちょっとぐぐってみたら、フィボナッチ数列で並んでいるとかで、誤解を恐れずに言うと、とても気持ちよく並んでいるらしいです。だから見入ってしまうんでしょうね。

 

時計回りかそれとも反時計回りか

6月下旬に種を植えているため、ちっちゃなひまわりになってしまったのですが、花が下を向くことなく、しゃんと正面を見てくれているのでうれしいです。

 

 

さて1本しかない、樹齢数十年の「おどろき」さまが、そろそろ収穫の時期を迎えそうです。600mlペットボトルと並べて撮ったのですが、この大きさ、わかりますか?(笑)。500gを超えるぐらいの大きさになっていて、このサイズ感の玉がわりとわんさか生っているので、収穫が楽しみです。

 

キレイに色づいたおどろき

ただ、以前の記事にも書きましたが、追熟しても柔らかくならないので、需要が少ないと思われるのが寂しいかな。

 

 

そうそう、お米を買ってもらえました。2つも(笑)。「なんて日だ!」(CV:バイキングの小峠さん)。